特徴・工法

メニュー

プレウォール工法

ワンランク上の快適さへ プレウォールをお薦めします。

壁面ユニット

『多湿・多雨・多雪』
北陸の気候特性を考慮した
北陸で唯一の長期持続型構造

プレウォールは、柱や梁などの構造材と壁・床・間仕切りパネルを一体化した「壁面ユニット」。パネル工法の合理性と在来軸組工法の自由性を両立した住宅工法です。

モノコック構造が、外からの力を分散!だから地震に強い!

モノコック構造とは

ジャンボジェット機にも使われる一体構造のことで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散し、 部分的なひずみやくるいが生じにくいのが特徴です。

筋かい工法モノコック構造

※赤い部分が地震に耐える力がある箇所です。


在来軸組工法の2倍以上の強度

水平荷重(地震・台風)&鉛直荷重(家自体の重み・積雪など)

在来軸組工法 柱・筋かいで支える
2×4工法 床と壁で支える
プレウォール工法 柱・床・壁で支える

繰り返す余震にも強い!

余震を想定し、震度6相当の揺れを10回行った結果

住宅で使われる断熱材で一番熱が伝わりにくい
世界最高レベルのフェノールフォームを採用!

断熱材別熱伝導率
(数値が低い程、熱が伝わりにくい)

断熱材 フェノール
フォーム
ポリスチレン
フォーム
ウレタン
フォーム
吹付けウレタン
フォーム
セルローズ
ファイバー
ロックウール グラスウール
熱伝導率
(W/mK)
0.020 0.028 0.024 0.0346 0.040 0.038 0.036~
0.050

家全体をフェノールフォームで魔法瓶のように包み込み、
夏涼しく冬暖かい1年中快適な住まいで電気代を節約!

住まいの断面図

光熱費の削減

 

1年で約50,000円ほど光熱費が削減できます!

万全の湿気・結露対策で家を長持ちさせる

耐水性の高い断熱材 フェノールフォーム

住まいの耐久性を損ない寿命を縮めるのは、壁内にはいりこんだ湿気と、それが冷やされてできる結露です。プレウォール工法の壁の中は常に乾燥。さらに気密性も高いので湿気が入り込むすきを与えません。柱や土台が腐ることなく、健康な状態を保ちます。

プレウォールの耐久性


 

プレウォール工法 専門サイトはこちら

 


MENUメニュー

[ 本社 ]

〒918-8013 福井市花堂東1丁目5番33号

TEL:0776-33-5855  FAX:0776-33-5823 

[ 家の森展示場 ]

〒910-2147 福井県福井市成願寺10字大門

TEL:0776-41-4833  FAX:0776-41-4834 

©2016 - 2017 OOMACHI HOUSING Co.,Ltd.